ある小さな村に、母親と娘がふたりで暮らしていました。母親は、日が暮れると泥棒でも来やしないかと、鍵をきっちり閉める人でした。
>>続きを読む