昭和7年生まれの私の父は、今年 87歳になる現在も実家で母と元気に 過ごしております。「父親たち」の世代 は、戦時中は紙切れ1枚で戦場に駆 り出される危険にさらされ、終戦直後 は家族を食べさせるために必死で働きました。
>>続きを読む



アスモたんぽぽ新聞154号

更新日時: 2018.7.23

アスモ・たんぽぽ新聞第154号

☆「父親を心に刻む」・・・代表 花堂 浩一

☆「居時に必要な医療書類」・・・シニアハウスコム 盛田 晴也

☆「たった一言の値打ち」・・・ 居宅介護支援 西尾 淳

☆「高齢者の転倒」・・・たんぽぽ介護

☆「自分で乗り移るときの動作について」・・・福祉用具相談員 佐藤 英郎

☆「暮らしと相続」・・・くらしと相続の相談窓口 門脇 紀彦

☆「脱水症状を予防しよう」・・・ 日本訪問歯科協会

過去の新聞はこちら